読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正衛門

垂れ流し 流して流して 詰まったら ひとまず放置 他力本願(字余り)

50年後のラーメン屋事情

f:id:thyself2005:20160719020731j:image

日本でラーメンという文化が定着して約150年、昨年末にラーメン店初のミシュラン獲得から50年。その頃にもしラーメン屋が作って出すって形であり続けるのなら、それは一体どんな風になっているのか?

これまでの歴史に沿うなら、超高級店と格安店の二極化が進む。例えばこうだ。

-超高級店

--アラカルトはなくコース料理のみ。日本で初めてラーメンを食べたとされる水戸黄門をもてなしたように、個室とかで仰々しく、接待の場としても利用されたりされなかったり

--前菜だとか様々な小皿がタイミング良く登場し、ラーメンはメインディッシュ扱い

-格安店

--電子マネーが当たり前のように普及しているから券売機なし、現金でのやり取りも不要

--麺の固さや油の量、大盛にするしないとかのいわゆる注文時の確認事項も言葉に出さず紙に書いたりせずにオーダー可能(一蘭のシステムをさらに進化させた感じの何かが普及している)

ただ、他のジャンルの料理も似たようなことになってそうだし、ラーメンでもそれやったら収集つかなくなりそうだ。とはいえ、個人的にはより美味いもんを目指し続けて欲しいって意味で値上げするのはアリだとも思う。同時に寂しく思うところもある。

50年後の貨幣価値でも今の1,000円以下で気軽に食べられるおいしいラーメン屋があり続けてくれたらと思う。その頃まで生きているか否かというのは抜きに、ただそうであってくれたら的な願いに近い思い。蕎麦や寿司や天ぷらとかにもかつてこんな風に思いを馳せた庶民が少なからずいたんじゃないだろうか。いたと信じたい。

f:id:thyself2005:20160719020756j:image

追尾メニューの撤廃

f:id:thyself2005:20160717080732p:image

今までの追尾メニューの一部はメインビジュアル直下のプルダウンにまとめ、残りはフッタに。追尾の方が見た目や動き的にモダンなのは言うまでもないけれど、本当に追尾するほどの内容かには疑問が残り続けていたので今日からは一旦なしで。まあブログに限らず、常識とは、あるべき姿とはとかについてはこれからも自問し続けたいところ。

ラーメン屋で定番のトッピング味玉も、今年9月頃を目処に大幅なリニューアルを果たすらしい東京・巣鴨の「蔦」では無くなるとのこと。しかも公式ブログの書きっぷりによると「単にデフォルトのラーメンに味付玉子が乗りません」とかじゃなくメニュー自体から撤廃するっぽい。手間ひまが尋常じゃないラーメン専門店で特に味玉なんかは客単価を手軽に上げる効果が絶大だし、リスクになり兼ねないと承知の上で本当に遂行するのなら実に勇気ある決断だと思う。(まあ世の中には味玉自体がないラーメン店も多いけどね)

これで完結じゃないけれど、でも追尾がないとやっぱスッキリするね。

検索結果1位獲得

f:id:thyself2005:20160714231112p:plain

やりました!でも、まだ公開まもないので今後順位変動あるかもですが、現時点で1位達成です。案外気の遠くなるような手間ひまをかけて書いたこともあり、何より記念碑的な記事なので嬉しい限り。

タイトルも二転三転しましたが、シンプルにした方が読んでもらえると思い、当初大げさだったのを変えるに変えて現在の形に落ち着きました。公開していきなりのバズはありませんでしたが、長い期間かけて読まれたら良いなーと思います。

11周年

f:id:thyself2005:20160712003759j:plain

11年前の本日7月12日、はてなダイアリーで己【おれ】は産声を上げました。

当時どんな写真撮ってたんだろーとアーカイブを漁ってはみましたが、今ほど携帯カメラの画質がよろしくなかったこと、ブログをスタートする前だから必要最低限の撮影で済ませてたってこともあり、要するに見当たりませんでした。これが11年後の今日にでもブログを開設すんのなら、きっとその瞬間の様子だとかもバッチリ記念撮影しているんでしょうね。

で、写真は当時のメインビジュアル。今みたいに己【おれ】って堂々と謳わずに、ただ太陽を元気玉に見立ててポーズを決めるぽつんとした後ろ姿の1枚だけ。マウスオーバーしてもアニメーションはしないし、複数の画像がスクロールしたりもしない、何ともシュールなもんでした。

ちなみにこの写真は、さらに遡ること14年前の2002年7月16日19時16分に沖縄県の恩納村あたりで撮ったヤツとExif情報で分かりました。物より思い出とはよく言ったもんですが、物も残っているとそれはそれで思い出の補足資料になるもんですね。この時はブログのブの字も知らなかったし、まだ侍魂なんかのテキストサイトが隆盛を極めていた頃だったと記憶しています。思い返すとまあなつかしい。

さて、そんな本日の己【おれ】では11周年を記念して、ちょっとした記事を公開したいと思います。楽しんでもらえると嬉しいですね。

記事の文中に自動でGoogle Adsense広告を挿入するようにした

あっちのブログ、これまでずーっとひと記事ひと記事にAdsenseの広告コードを手作業で挿入していたんですが、いよいよそれをやめて自動でするようにしました。

参考になったのは↑こちらのブログ記事で、こちらで紹介されているやり方にアレンジを加えました。アレンジしたコードとか理由なんかは以下のとおり。

アレンジコード

<script>// <![CDATA[
addEventListener("DOMContentLoaded", function() {
var $target = $('.entry-content > .section > h3');
$target.eq(0).before($('.readmore-adsense'));
}, false);
// ]]></script>
<div class="readmore-adsense">
<div class="sponsorlink">スポンサーリンク</div>
※ここに自分のAdsenseコードを貼る※
</div>

各classの指定

.readmore-adsense {
margin: 20px 0;
}
.sponsorlink {
text-align: center;
color: #999999;
font-size: 80%;
}

アレンジした理由

  1. はてな記法モードを使用しており、.entry-contentとh3の間にsectionクラスのdiv要素が入るためtargetをアレンジする必要があった(※見たままモードの場合は紹介されているとおりのtargetで大丈夫だと思う)
  2. Adsense広告上の文言「スポンサーリンク」とmarginについてはhead要素内に上記を追加することで、PC、スマートフォンまとめて設定できるようにした。めんどいのでそうした

おわりに

今後は所定の箇所変えれば全記事のAdsense広告をあーしたりこーしたりできるようになったので非常に楽になった。肩の荷が下りた。もっと早くからやっておけば良かった。ついでにお試しということでAMP配信もスタートしてみた。