正衛門

垂れ流し 流して流して 詰まったら ひとまず放置 他力本願(字余り)

仏滅記念日

f:id:thyself2005:20170514094726p:image

12年前の2005年5月のカレンダーで、

f:id:thyself2005:20170514094801p:image

これが今年2017年5月のカレンダー。

いずれも本日5月14日は仏滅なんだけど、どうやら12年前の土曜日にあっちのブログは爆誕したらしい。

いつもと変わらない土曜日を、でもいつもとはちょっと違う1日にしたかったのかどうなのか、今は亡き世界一高いポテチレビューを繰り広げたのが12年前の今日だったんだと思うとそれはそれで感慨深い。干支1周分の時間が経過したんだものね。

「仏も滅するような大凶日」の意味。元は「空亡」「虚亡」と言っていたが、これを全てが虚しいと解釈して「物滅」と呼ぶようになり、これに近年になって「佛(仏)」の字が当てられたものである。

この日は六曜の中で最も凶の日とされ、婚礼などの祝儀を忌む習慣がある。この日に結婚式を挙げる人は少ない。そのため仏滅には料金の割引を行う結婚式場もある。他の六曜は読みが複数あるが、仏滅は「ぶつめつ」としか読まれない。

字面から仏陀(釈迦)が入滅した(亡くなった)日と解釈されることが多いが、上述のように本来は無関係である。釈迦の死んだ日とされる2月15日が旧暦では必ず仏滅になるのは、偶然そうなっただけである。

「何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事はよろしい」ともいわれる。

また『物滅』として「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」とされ、「大安」よりも物事を始めるには良い日との解釈もある。

Wikipediaの解説によると仏滅とはこのような日だそうで、一見最悪ともとらえられるが物事を始めるには良い日との解釈もあるようだ。

もちろん当時六曜のろの字すら意識せずノリと勢いだけで開設し、当時気になってたグラビアアイドルと同じブログサービスだうへへーと調子に乗り、けれど普通に更新するだけでもストレスMAXなほどに遅くて、で、それから数ヶ月後の7月12日にはてなダイアリーに引っ越したんだよなー。

数年後、そのグラビアアイドルは引退して結婚したとの報を目にしたけれど、今はきっと新しい生命とともに何かを育み続けているのかもしれない。

仏滅こと被れどあの日は土曜日で今年は日曜日、おまけに今日は母の日という何かが生まれるにはピッタリの日とも言えなくない。何か生もうか?ユーチューバーに、おれはならん!

ちなみに自分が生まれた年の誕生日も調べてみたら見事に仏滅でした。そんな仏滅ブロガーより、何となく愛を込めて。

二郎愛を語るより口づけをかわそう

愛を語るより口づけをかわそう - Wikipedia

元ネタ。もう24年前の1993年4月リリースのWANDSの楽曲。

アナリティクスによるとあっちのブログは20〜30代がメイン購読者とされるのでこの曲自体を知らない方々もさぞご覧になられたんだろうね。知らないと何のこっちゃか分かんないよね。

まあでも、考えるより言葉で主張するより行動に移そうってことが伝えたかったのです。後付けだけどね。

目には目を、礼には礼を

先日ブコメした某ブログ記事の主からご丁寧にアンサー記事&わざわざTwitterでリプ(つうてもリンクのみ)いただいたのでアンサーブコメを。礼には礼をということでこちらもブコメのリンクのみで返すという潔さ。

果たしてこのブコメにどんな反応があるのかなー。楽しみだけど、だからって別に上記内容を実行してもらおうとまでは思わない。賞賛系のブコメが多く、「正衛門ちょっと空気読めよ」って思われるのを前提でなる早でブコメしたけれど、こういう気合いの入った記事って読んでて清々しいのは事実なり。

個人的にハマってるASKAメソッド?で〆。おあとがよろしいようで。

東京都岸市

ということで、なんとなく切り取ってログ残し。火と聞くと直感的に良いイメージを想像しないのだけど、夢に関してはじぶん家とか身の回りの火災じゃないなら繁栄とかって意味があるそう。

都合の良いもんだけ信じるタイプのおれには願ったり叶ったりの展開ですが、とにかく色々と平和でありますように。