正衛門

垂れ流し 流して流して 詰まったら ひとまず放置 他力本願(字余り)

50年後のラーメン屋事情

f:id:thyself2005:20160719020731j:image

日本でラーメンという文化が定着して約150年、昨年末にラーメン店初のミシュラン獲得から50年。その頃にもしラーメン屋が作って出すって形であり続けるのなら、それは一体どんな風になっているのか?

これまでの歴史に沿うなら、超高級店と格安店の二極化が進む。例えばこうだ。

-超高級店

--アラカルトはなくコース料理のみ。日本で初めてラーメンを食べたとされる水戸黄門をもてなしたように、個室とかで仰々しく、接待の場としても利用されたりされなかったり

--前菜だとか様々な小皿がタイミング良く登場し、ラーメンはメインディッシュ扱い

-格安店

--電子マネーが当たり前のように普及しているから券売機なし、現金でのやり取りも不要

--麺の固さや油の量、大盛にするしないとかのいわゆる注文時の確認事項も言葉に出さず紙に書いたりせずにオーダー可能(一蘭のシステムをさらに進化させた感じの何かが普及している)

ただ、他のジャンルの料理も似たようなことになってそうだし、ラーメンでもそれやったら収集つかなくなりそうだ。とはいえ、個人的にはより美味いもんを目指し続けて欲しいって意味で値上げするのはアリだとも思う。同時に寂しく思うところもある。

50年後の貨幣価値でも今の1,000円以下で気軽に食べられるおいしいラーメン屋があり続けてくれたらと思う。その頃まで生きているか否かというのは抜きに、ただそうであってくれたら的な願いに近い思い。蕎麦や寿司や天ぷらとかにもかつてこんな風に思いを馳せた庶民が少なからずいたんじゃないだろうか。いたと信じたい。

f:id:thyself2005:20160719020756j:image