読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正衛門

垂れ流し 流して流して 詰まったら ひとまず放置 他力本願(字余り)

“いかにも”な雑記

東京はびっくりするくらい新しいお店がオープンしまくっては消え、食べるにしても買い物するにしても楽しいのは間違いない。ただ、だからこそ気軽な雰囲気漂う老舗ラーメン店とかによく足を運ぶ……休日とか昼休みにまでセカセカしたくないって気持ちが根底にあるんだと思います。

で、最近のメインブログでは東京の老舗ワンコインラーメンネタを集中的にお届けしておりますが、喜ぶのって、きっと観光客よりも地元民とか東京で働いている・学んでいる・縁があって足を運んでいる方々なのかなーって気がします。

例えば自分は旅行に行くと、“いかにも”な郷土料理を食べたり“いかにも”な観光名所に足を運んだりするワケですが、住民からしたら必ずしもそうじゃないと思うんですよね。わざわざ観光客がこぞって口にしたり訪れたりする対象は、彼らにはあまりに身近なシロモノだから逆にしょっちゅうあやからなくても良い的な。しょっちゅうあやからない=大事にしないってことじゃないですよ。えっと、もっと上手い言い回しがあるとは思いますがニュアンス的にはそんな感じです。

もちろんすべての観光客が必ずしもそうじゃないだろうけど、“いかにも”に対する捉え方って、置かれている環境によって全然変わって来るんだろうなぁと。「あまりにメジャー過ぎる東京の“いかにも”を紹介するの、それどうなの?」って思いつつ、いざ取り上げて「知りませんでしたー」的なリアクションされると「ふむー」って感じてしまうことも多々あるんですよね。

それで結局何が言いたいかって、まだまだ東京の老舗ラーメン店の紹介とか続く予定ですが、そうじゃない話題とかもポロポロお届けしたりすると思うのでどうぞヨロシクお願いいたします、ということでしたおしまい。