読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正衛門

垂れ流し 流して流して 詰まったら ひとまず放置 他力本願(字余り)

翌々意欲

オトナとコドモで時間経過の体感速度が異なるのは、コドモがオトナよりもたくさん知らないことを経験し、アタマとカラダにガンガン刺激を受けているから。どこかで見聞きしたハナシだけれど、オトナになると何をするにも効率化を求められたり図ったり、実体験という型にハメて物事を処理するようになっちゃって、スピーディーにこなせるのと引き換えに刺激とは無縁になりやすいと。

そしてめんどいと食事もテキトーになりがち。同じ店の同じ料理につい落ち着きがちで、食べるというよりただ黙々と処理する自分がいて、それは何だかもったいないなと、最近はなるべくそうならないよう心がけとります。何も高い飲食店に足を運ぶとかではなく、同じお金をかけたりちょっと自炊するにしても、深く考えずに直感で導かれるいつものパターンじゃない、こう別な物を口に入れてみようとか普段作らないもん作ってみようとかそういった感じの。それでも意外と刺激的で、おいしいまずいの判断基準とはまた違った、ああ、脳が活性化してるなーって思う瞬間が多々あるんですよね。

上記は一例ですが、様々な分野について勉強するとか行ったことのない場所に行ってみるとか日本語ではなく片言の英語でも良いから外国人とコミュニケーションしてみるとかとか。そういったことをこれからも意欲的にこなして行ければなーって思います。